耳つぼダイエットの貼る場所を1から解説。痩せるツボをセルフで刺激

はりねずみ君

はりねず子ちゃん、見てみて👂

はりねず子ちゃん

えっ?はりねずみ君、耳に何か付いてるよ

はりねずみ君

これは耳つぼダイエットのシールだよ

はりねず子ちゃん

耳つぼダイエットって聞いたことがあるけど本当に痩せれるの?

はりねずみ君

耳には様々なツボがあるんだけど、ダイエットに必要なツボに貼ってるんだよ

はりねず子ちゃん

そうなんだ。私も最近太り気味だから、詳しく教えて

本記事を読んで頂きたい人
  • 痩せたいが中々ダイエットが成功しない人
  • 耳つぼダイエットが何なのか知りたい人
  • 食欲が旺盛で、ついつい過食気味になってしまうので食欲を抑えたい人
  • 耳つぼダイエットのツボの位置を知りたい人

上記について私がこれまでに経験してきた知識や情報を基に、分かりやすく解説させて頂きます。

💻執筆者紹介:はりほね

鍼灸師・柔道整復師として13年の下積み(鍼灸接骨院や整形外科)を経て2016年に独立開業し、現在鍼灸接骨院を経営。 これまでに得た経験や培ってきた事を多くの方に知って頂き少しでもお役に立てて頂ければ。という事で副業ブロガーデビュー
現在、院のホームページは月に3万PVと多くの方に見て頂ける様になりましたが、目標は本業・副業共に10万PV達成させる事です。
主に身体の痛みや悩みについての記事を始め、他にもお得な情報・便利グッズ等のお役立ち情報も配信

Twitterも是非フォローお願い致します

目次

耳つぼダイエットの貼る場所を1から解説。痩せるツボをセルフで刺激

耳つぼダイエットの貼る場所を1から解説。痩せるツボをセルフで刺激
耳つぼ(イラスト)

耳つぼダイエットという言葉はこれまでに一度は耳にされた事があると思いますが、実際にどのような効果があるのか?痩せれるのか?どこに貼ればいいのか?等を細かく解説させて頂きます。正しい経穴けいけつ(ツボ)の位置を知って効果を感じて頂けると幸いです。

WHO(世界保健機関)の定義上では361個のツボが身体に存在しておりますが、他にも300個近くあるといわれています。
耳には身体に関連するツボが多く存在し、耳の形は胎児が逆さになっている姿に似ていて全身の縮図と考えられています。

耳の形とそっくりな赤ちゃん

今回は耳つぼダイエットという事で痩せる為のツボを中心にご紹介させて頂きますが、他にも肩こりや頭痛、腰痛・各関節痛を始め婦人科疾患等にも使用できるツボもありますので是非ご活用頂き身体の悩みを解消頂ければ幸いです。
そして、耳つぼを簡単に貼れて刺激できる優れものアイテムもご紹介させ頂きます。

耳つぼダイエットの貼る場所を1から解説。痩せるツボ①神門

耳つぼダイエットの貼る場所を1から解説。痩せるツボ①神門
神門の場所

耳つぼダイエットといったら必ず押さえて頂きたいツボは神門しんもんです。
神門は耳つぼの中でも万能なツボとして知られており、自律神経の調節や血行促進作用以外にも美容やダイエットにも効果のあるツボです。

ダイエットはどちらかというと我慢が必要な行為ですので、ストレスを感じ自律神経が乱れる可能性があります。自律神経の乱れは様々な症状を招き、過食へと繋がってしまう事も考えられますので少しでも気持ちを穏やかに保つためにも欠かせないツボです。

神門の場所:耳の上部にあるYの字型軟骨の間

期待できる効果
  • 自律神経の調節、精神安定作用
  • ストレス緩和
  • 食べすぎ
  • 不眠
  • 生理痛
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 血行促進 等

耳つぼダイエットの貼る場所を1から解説。痩せるツボ②飢点

耳つぼダイエットの貼る場所を1から解説。痩せるツボ②飢点
飢点の場所

耳つぼダイエットの王道中の王道となるツボが飢点きてんです。
飢点は字のごとく飢えを抑える効果があるといわれており、過食にならないように食欲そのものを減退させます。

体重を減らしたいのであれば摂取カロリー以上の運動をするか、摂取カロリーを減らすかのどちらかですか、人間の食欲は生命維持とは関係なく欲してしまうものですのでまず食べたいという欲求を軽くしなければなりません。食べたいという欲求があるのに我慢するのは辛くストレスがより強まってしまうため食欲そのものを抑えましょう。

飢点の場所:耳の穴(耳孔)の前にある突起部分の真ん中

期待できる効果
  • 過剰な食欲を抑制する
  • 自律神経の調節
はりねずみ君

食事の10~20分前に2~3分ツボを刺激する事でより効果を発揮するよ

耳つぼダイエットの貼る場所を1から解説。痩せるツボ③内分泌

耳つぼダイエットの貼る場所を1から解説。痩せるツボ③内分泌
内分泌の場所

耳つぼダイエットをより成功へと導いてくれるツボは内分泌ないぶんぴつです。
内分泌はホルモンの乱れを調節しホルモンバランスを正常な状態に保ち、ホルモンバランスを調節する事で新陳代謝が促進され痩せやすい体になります。

内分泌の場所:耳の穴(耳孔)の手前のくぼみの奥、耳孔の直下

期待できる効果
  • 自律神経の調節、精神安定作用
  • 婦人科疾患
  • 新陳代謝促進
  • 過食
  • 保温効果
  • 便秘 等

耳つぼダイエットの貼る場所を1から解説。痩せるツボ④食道・噴門・胃

耳つぼダイエットの貼る場所を1から解説。痩せるツボ④食道・噴門・胃
食道・噴門・胃の場所

耳つぼダイエットの中で、痩せるツボ三連星(勝手に命名)である食道・噴門ふんもん・胃の3つです。

  • 食道:胃や腸など消化器全体の働きを正常化し、消化・吸収力を高め代謝も促進します
  • 噴門:胃や腸の働きを活発化させ、消化・吸収力を高めます
  •  胃:胃の働きを活性化すると共に胃液の分泌を促し胃を守ります。ストレス性胃炎にも効果的なツボ
    この3つのツボは消化器官を正常に保ち、消化・吸収能力を高め代謝を上げ、痩せやすい体質にしてくれます。

食道の場所:耳の穴の上にある軟骨の直下(際)
噴門の場所:食道(ツボ)の真横(耳孔から遠い側)
胃の場所:食道・噴門の横で少し上にあり、軟骨と同じ高さ

期待できる効果
  • 消化機能の調節・吸収
  • ストレス性胃炎・胃腸炎
  • 胃液分泌を促進し胃粘膜の保護
  • 代謝を上げ、太りにくい体質に改善

耳つぼダイエットの貼る場所を1から解説。痩せるツボ⑤肺

耳つぼダイエットの貼る場所を1から解説。痩せるツボ⑤肺
肺の場所

耳つぼダイエットで押さえて頂きたい最後のツボが肺です。
肺は飢点の効果である食欲を抑える効果だけでなく、満腹感を促進する効果も期待できます。またインスリンの過剰分泌を抑えてくれます。

インスリンがダイエットに関係するの?

インスリンは食物が体内に入った際に血糖値が上昇しますが、その血糖値を下げる働きをしてくれます。 糖質を多く摂取するとインスリンが多量に分泌され余った糖質は脂肪に変換され体内に蓄えられるため、インスリンの過剰分泌は太りやすくなると考えられています。

肺の場所:噴門・胃の下のくぼみ

期待できる効果
  • 食欲抑制
  • 満腹感の促進
  • インスリンの過剰分泌を防ぎ血糖値のコントロール

耳つぼダイエットの強い味方で優れものアイテム

耳つぼダイエットを成功させるためにはツボの位置も重要ですが、ツボを常時刺激する事も同様です。身近にあるモノで代用する場合は綿棒を使用してツボを刺激する事が有名ですが、それでは常時刺激し続ける事は不可能に近いでしょう。

はりねず子ちゃん

ずっと綿棒で耳ツボを押すなんて疲れちゃうよね

そんな不可能を可能にしてくれるアイテムを2つご紹介させて頂きます。

耳つぼダイエット優れものアイテムその1

耳つぼを刺激するアイテムで一番の有名商品といえばマグレインです。
マグレインは実際に鍼灸院や治療院等の専門家が治療で使います。シールの真ん中に小さな球体が付着しており、その球体でツボを刺激します。

粒(球体) は銀以外にも金やチタンをありますので金属アレルギーの方はチタンをオススメします。

耳つぼダイエット優れものアイテムその2

耳つぼアイテムに限らず、鍼灸用品を扱うメーカーの中でも王道中の王道で高品質で有名な業界トップクラスのセイリン株式会社さんのパイオネックスです。

パイオネックスは円皮鍼といってシールの先端に1㎜前後の鍼が付いている商品が多いのですが耳つぼの場合は安全面や衛生面を考慮し刺さない針をオススメ致します

パイオネックスにも刺さない針が販売されておりますので、こちらもオススメのアイテムです。

この2つの大きな違いとしては、刺激する球体、針の大きさやシールの大きさが若干異なり、マグレインの方がより小さいため細かくツボを刺激したい方はマグレインをオススメ致しますが、ピンセットを用いて貼るため貼る時に少し慣れが必要です。
パイオネックスの方がサイズが大きいため貼る際の手間を省きたい・簡単な方が良いのであればこちらの方が簡単ですが、どちらの商品でも安心してご使用頂けますので、ご自身にあった方をお使い下さい。

耳つぼダイエットの貼る場所を1から解説。痩せるツボをセルフで刺激まとめ

耳つぼダイエットの貼る場所(ツボ)についてここまで解説させて頂きましたので簡単にまとめさせて頂きます。

耳ツボ(ダイエット目的)
  • 神門、飢点、食道、噴門、胃、内分泌、肺の7つが重要
  • 食欲を抑え、満腹感を促し消化機能を高め痩せやすい体になる
  • ホルモンバランスを整え、代謝を上げる
  • 減量期間のストレスによる過食を防ぎ自律神経を正常に保つためには神門が大事
  • 食事10~20分前に飢点を刺激する事で食欲の減退を図る
  • 綿棒でツボを刺激するだけでも良いがより効果を高めたければマグレインやパイオネックスを使用し持続的にツボを刺激

耳は身体の様々な不調を緩和してくれるツボが多くあり、ダイエットも成功へと導いてくれる手助けになりますが、それだけに頼らずより健康的な身体を目指して頂くためには食事の制限だけで減量するのではなく、運動を取り入れて頂くと尚キレイな身体を手にする事ができます。

はりねずみ君

辛い辛い減量ではなく楽しくダイエットしましょうね

最後までお読み頂きありがとうございました。

はりほね/45

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

12 − seven =

目次
閉じる